質屋とはどういったものか?

質屋とはどういったものか?ということについて見ていきましょう。

質屋のシステム情報

質屋とはどういったものか?

質屋の始まりは700年前の鎌倉時代といわれています。

目利きといわれる査定をきちんとし、それに見合っただけのお金を貸す。

合理的な方法だと思われます。

質屋が他の金融機関と異なるところは、このように品物を預けて、その品物の価値の範囲内でお金を借りる「質預け」という方法です。

「質預け」というのは、期限内に元金と質料(利息)を返せば、預けた品物がもとに戻ってくるというシステムです。

また、質料(利息)のみ支払えば、質入れの期間を延長することも可能です。

借りたお金を返せなくてもそのお金の返済義務は発生しません。

できれば大切な品物なので借りたお金を返済して、品物は返してもらいたいのですが、万が一のことがあっても、財産を根こそぎとられるなどということはないのです。

また、預けた品物は、質蔵で大切に保管されていますので安心して、利用できるのです。

質屋は、都道府県の公安委員会の許可によって営業していますので、質屋営業許可番号や古物営業許可番号を持っているはずです。

きちんと、ホームページに番号を載せている業者が安心です。

最近では、買取や店頭販売を行っているところもあります。

これは、お客様のニーズに合わせたもので、気軽に利用できる金融機関といえるでしょう。


Copyright (C) www.heartfulls.com. All Rights Reserved.

質屋のシステム情報